天使になった鈴のこと 3ワンの日常 時々インテリア&DIY

Rin* to an Angel。。。

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

それは突然に決まりました…

明日6日、遠くは埼玉県から

三重の私たち家族のもとに

ヨーキーの赤ちゃんがはるばるやって来ます!!



その子と出会ったのはある ブリーダーさんのHP でした。



フックを亡くしてからというもの、
私は、子供達の目から見ても異常な行動をとっていたように思います…

暇があれば、ペットショップをはしごし店内で涙を流し
家に帰れば、PCの前から離れず子犬を見つけてはまた涙するそんな毎日…



あらゆるHPを見ていたのにも関わらず、
今回お世話になるブリーダーさんのHPには辿り着けていなかったのです。


2週間ほど前のことです、ブリーダーさんのHPにたまたま辿り着いたのに
ヨーキーには、目がいってなかったんですね…何故かチワワに目がいってまして

その子がいるのに気がついていなかった私なんですが
いつも、私がPCでわんこを見ていても知らんぷりをしている娘が
たまたま、横から覗いて『おかあさん!!その子っ!!そのヨーキー見てみっ!!』と指をさして大きな声で言うのです。
その子の画像と動画を見た私は、驚きでいっぱいになりました。


『お母さん、兄ちゃんに飼ってもええか聞いてみよ! きっとええって言ってくれるで!』


帰宅した息子に娘がそれとなく話をしています。
『兄ちゃん、フックにそっくりな子見つけたん!ちょっと見てくれへん!?』

その子の画像と動画を見せたとたん、息子は固まってしまい うっすら涙が滲んでました…

『ほんまや…似てるな…尻尾…尻尾はどうやろ…お尻は丸っこいかな…
 フックはお尻が丸っこかったでさ…』


フックは、知り合いのかたから譲りうけた子でした。
2匹の可愛いヨーキーの子がいまして、それはそれはどちらの子にしようかと悩みました。
大人しいほうのヨーキーにしようと思ったとき
もう1匹の子が息子のもとへ転げそうになりながら走っていったのです。
息子がどうしても!『この子がええっ!!』 と選んだ子がフックでした。


俺が選んだ子やから…





私たちが最初に選んだ子は 違う飼い主さんに貰われていったのですが
1ヶ月もしないうちに水頭症という病気で亡くなってしまったのです。
もし息子がフックを選んでなかったら、もっと早くに悲しい思いをしていたかと思うと
息子に感謝です…フックとの沢山の思い出を作ることができたのですから




その後、HPのブリーダーさんにお願いして最近の画像を送ってもらいました。
もちろん、お尻の画像も…

すぐに仕事中の息子に画像を転送し見てもらいました。
休憩中に送ったにも関わらず返事がこないので

仕方ない、諦めるか…


縁がなかったんだと、そう思っていたのですが

夕方、いつもより早く帰宅した息子は 『俺がお金だすから、電話して!』 と一言…

娘は『やった~お母さん良かったなぁ~』 と嬉しそうです。



正直なところ、手放しで喜んでいるわけではないのです…

まだ、1ヶ月しか経ってないのに…





娘に言われました。

1ヶ月だろうが、1年だろうが何も変わらへんと思うんな…
お母さんだけじゃない、フックを思う気持ちは私も兄ちゃんも同じやし
ラビもいるけれど、ラビだってずいぶん変わってしまったやん!?
寂しくて寂しくて…新しい子が来たからってラビとの仲もどうなるか分からへんけど
きっとラビも喜んでくれると思うわ
私はこの子と出会えたことは縁があったからやと思うんな…
正直、私はもう2度と犬は買わんとそう決めてたけどな…
でも、兄ちゃんが一番喜んでる気がするわ…そう思わへん?



一番しっかりしているのは娘で
一番駄目なのは母の私…


息子はフックのときのように、自分で選んで子犬を迎え入れたかったのだと思います。


さっそく、土曜日にはブリーダーさんに電話し、譲っていただくことに決めました。


日曜日の朝、息子は壁に飾ってあるフックの写真を眺め
『ふぅ~』とため息をつき、ラビに小さな声で 
『仲良くしたってくれよ…お前…兄ちゃんになるんやで…もう寂しくなくなるでな…』
とまるで自分に言い聞かせるように、こっそりと呟いていました。


あれよこれよと決まったような気もするし…
決めて良かったのかな!?と思う気もするし…

ただ…失業中で家にいることが多いので子育てしやすいのと
私の年齢を考えたら、これが最後のチャンスかな…と思ったわけです
私にも良く分からないけれど 又、一から子育てしてみようと決めました。


明日、西濃さんの支店へ迎えに行ってきます。
今、埼玉の西濃さんで待機してます。 もうすぐ、出発します。
凄いですね…ビックリですね…埼玉から宅急便で来るんですよ

無事に辿りつきますように…
フック…お願いね…よろしく…

明日また報告します…でわ




この記事はhttp://lavifuu.blog.shinobi.jp/Entry/39/より転記したものです。
コメント欄は閉じてあります。

  1. 2007年1月~12月


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。