天使になった鈴のこと 3ワンの日常 時々インテリア&DIY

Rin* to an Angel。。。

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

おかえり…。

金曜日だったんですね(汗)
入院費のことで、の病院へ電話したのは…

『月末には支払いに行きますので…』って…

もうすでに月末…^^;


まだ駄目なんですよね…今日が何日で何曜日で…
カレンダーで確認するのに、時間が経つと忘れてる…
これってヤバイのかな?


というわけで、夜7時半…
行こうかどうしようか悩んだけど、ラビの歯の治療もあったので行って来ました。

受付を済ませ、担当のT倉先生は私とラビをすぐに見つけ
声をかけて下さいました。

T倉先生との話を沢山しました。
先生曰く、は他のワンちゃんにはない頭のよさと
何とも言えない、不思議な魅力のある子だったと言ってくださいました。
が急患で運ばれた時点で『助からないだろう…』という予感はあったそうです。


あえて、ここではの死因については公表しておりません。
今、この記事をご覧になっているかたは『何で?』と思われていることでしょう。
不慮の事故だったということには違いはないのですが…
私ども家族もまだまだ心を痛めております。
どうか、お察しくださいますようお願いいたします。

帰り際に、急患で飛び込んだときにお世話になった
Y先生がわざわざ挨拶に来てくださいました。
Y先生、女医です。年は20代後半?
気のきつそうな、喋るのも淡々と…嫌いな先生でした。
でも…今日、先生は泣いてこうおっしゃいました。

『助けられなくて、すみません…』と…

なんだか、こちらまで泣けてきて…

『十分にやっていただきました。ありがとうございます。』

嫌いだったY先生、ちょっと見方が変わりました。




が危篤の時に、少しでも私の匂いをの傍にと
タオル地のハンカチをの頭の下に敷いてやりました。
の死は、返してもらってなかったことさえ忘れてしまうくらいの出来事で、

おかえり…


『お母さん、これ忘れ物です。』と渡された時は、
また号泣してしまうほど、複雑ではあるのですが
それでも、が帰ってきてくれたと思わせてくれるくらい嬉しかったのです。

の匂いが染み付いています…
の吐いた物やら、何とも言えない匂いです…
そんな匂いの染み付いたハンカチに顔を寄せて
を感じて、また泣いてしまいました。


大切に…大切にとっておこう…

兄たん…

…おかえり…。




  1. 鈴(りん)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。