天使になった鈴のこと 3ワンの日常 時々インテリア&DIY

Rin* to an Angel。。。

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

そんな…

20年前、子宮体がんを発症したワタシ…

当時は、もう長生きなどできないと思っていたけど

5時間以上もかかってワタシの身体からガン細胞を取り除き

ワタシを助けてくれた命の恩人のI先生…


ワタシより9歳年上で当時のオチャラケなワタシの話に
(その頃から元夫だった人と上手くいかなくて悩んでいた…)

とことん付き合って聞いてくれたり

相当な我がままにも、ときには叱ってくれたり、ときには甘えさせてくれたり

お兄ちゃんみたいで、とても大好きだった…

退院の前日…いつものように話をしていて…



『先生は今しあわせ?』と聞いた記憶がある…

『目指していた医者になれて、今があるのはある意味幸せなのかもしれないな』

と…そして、ワタシに『しあわせにならなきゃいけないよ』と優しく言ってくれた。


その後5年ほど検診に行ってて、ワタシが離婚したあとに一度だけ診察を受けた

『先生、覚えてますか?』と聞いたら、満面の笑みで

『何年たっても忘れないよ、まぁ君みたいな患者は初めてだからね(笑)』と答えてくれた。



それから10年は経ったのかな…



最後の診察のときに、妙に痩せていたのが気になった…





今年の3月にある身体の異変に気が付いた…

近くの病院で診察を受けたが、遅かれ早かれ入院手術となるだろう。

ま、命に関わる病気でもないので、大したことがないといえば、

それまでなんだけど…



急に思いたって、今日I先生に相談してみようと思い

勤めているはずの病院へ電話したら、もう何年も前に辞めたということだった

どこの病院へ変わられたのか聞いたが、個人情報がどうたらで教えてもらえなかった


先生の名前で検索したら、ある病院がヒットした。

HPへたどり着き、I先生の名前を探すが見つからない…

何か胸騒ぎがして、ヒットした病院へ電話してみた。

勤めていたけど、辞められた…

同じ答えだ…


20年前に先生に命を助けられたものです!と訴えたら…


そしたら、やっと教えてくれた。


I先生は数年前に亡くなりました。と…



何となく予感はあった…

電話口で号泣してしまった…

ごめんなさい、ごめんなさい…何度も謝ってた。


電話を切ってからも、声を上げて泣いた…






先生…死んじゃったの?

あの時にプレゼントした手作りのテディベアはどうしたかな?

ずっと、ディスクの上に飾ってくれてたよね?

ワタシね、今どうしたらいいのか、本当に辛い…

頼るところがなくなっちゃったよ。







明日4月5日は、先生に手術をしてもらった日です。

あれから20年、お兄ちゃんのようなお父さんのような…

でも、あのときのワタシは色んな意味で先生に

淡い恋心を抱いていたんだと思う…




ご冥福をお祈りします…







  1. 悲しい出来事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。