天使になった鈴のこと 3ワンの日常 時々インテリア&DIY

Rin* to an Angel。。。

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

赤い糸…②

娘に背中を押された私は、すぐにSさんに

見学させてもらっていいですか?


とメールしました。


9月25日土曜日の夜に、おうちへ伺うことになりました。



玄関に入ってすぐにの鳴き声がしました。
いえ…したような気がしました。
その鳴き声はではなくチワプーのビちゃん(通称)の鳴き声でした。
真っ黒な毛、しぐさ、綿飴のようなふわふわな毛、
そしてつぶらな瞳…、知らぬ間に寄ってきてちょこんと膝の上に乗り
丸くなって寝ている姿…と目を合わせ、無言でうなずき涙しました。


間違いないよ! との心の声…




じつは、友達の霊感のつよ~いEちゃんが

は、9月に帰ってくるな…うん、間違いなく9月やな!

と8月の頭にそう、それこそ予言でしょうか(汗
9月に入ってから、バタバタ~っと巡り会えたような気がします。
これだけのことがあると、目に見えない赤い糸が
ちゃんと繋がっていたんだと思うと本当に不思議で仕方ありません。
私の回りの人は何故か?そういう人が多いのです(汗



どうやら、Sさんもそういう体質らしく
がきっと、Sさんからへと繋いでくれて巡りあわせてくれたに違いないと確信しました。


返事もままならないのに、『もって行くドッグフードの用意してくるね~』とSさん(笑
『え!? 私、まだお返事させてもらってないけど…^^;』

焦ってしまいましたよ(笑
ほんとにSさん、良い方でね…
巡り合わせてくれた、に感謝です。


Sさん、画像撮るのが苦手なようでして(汗
そこへきてクロ子だから、上手に撮れないんですよね~

送ってもらった画像です。

チビちゃん


チビちゃん


決して、上手とは言えないですけどね~(笑
Sさん、ごめんなさ~い^^;

1枚目の画像は、にソックリです…。
これを見て泣かないわけないですよね…




そして、25日に私が撮ったビちゃん(通称)

小鈴


小鈴


あんまり、変わらないですね…ボケボケ(汗
もそうだったけど、この子も撮るたびに色んな顔を見せてくれます。
じっと見つめると、気配を消そうと目を細めたりするところも同じ…
帰りの車中でが言いました。

ずっと夢みてて、どこか場所がわからへんだんな…
やっと分った!やっぱり間違えてないわっ!
あそこやったんや~ チビちゃんやったんや~
 って…





10月1日にお迎えに行きます。
トリミングデビューもまだですので、可愛くカットしてあげようと思います。

名前は…
が帰って来たらと家族で決めてた名前…


小さいと書いて

小鈴…”こりん”と読みます。



誰ですか? コリン星からきたのか!? なんて突っ込みいれたのは?(笑




皆様には、たくさんたくさんご心配お掛けしました。
いっぱいいっぱいご迷惑もお掛けしました。
一緒に泣いてくれた方もいらっしゃいました。
物凄く嬉しかったです。
泣きじゃくって電話しても、何も言わずに黙って話を聞いてくれたyo-さん、
何時間も、お茶しながら一緒に泣いてくれたプーちゃん、
のために、可愛いお花を贈ってくれたぱっちさん、
自分のことのように一生懸命、ちゃん探しをしてくれたchieちゃん…
メールをくれた方々、鍵コメで心配してくれた方々、本当にありがとうございました。
感謝してもしきれないぐらいです。

鈴は、の生まれ変わりではありません。
息子が言いました。

鈴の代わりは誰もおらへん…鈴は鈴なんや…
ほんで、小鈴は小鈴なんやな…


ポロポロ泣きながら、そう私に言ってくれました。



鈴を迎えても、を想いまだまだ泣くんだと思います。

それはそれで…泣いてもいいと思っています。


さて、肝心な鈴ちゃんですが^^;
何もないかぎり、10月1日にお迎えに行こうと思ってます。


では、お迎えしたら、またお知らせいたしますね。








  1. 赤い糸
  2. / コメント:12
スポンサーサイト

赤い糸…①

が逝ってしまったあとに予言らしきものをしていました。

いとしの鈴



うちの子とは、目に見えないものが見えたり感じたりします。
二人の父親が霊感が強くて、血を引いたのでしょうか?
子は、大人になるにつれてあまり言わなくなりました、
はよく迷惑そうに『勘弁してほしいわぁ~』と呟きます。

じつは、が亡くなる1週間ほど前から子とは同じ事を言っていました。

何でやろ? ックがおるんよな…


亡きックは、のこの後に起きる事を教えにきてくれていたのか?
それとも、を迎えに来ていたのか?

私は、そのこともあってを亡くしたときにックの写真に向かって

何で、を連れてく!! 順番が違うやろっ!

と泣き喚いたのを覚えています。
でも今は、あの時の傍にックがいてくれたんだと思ったら、少しは安心していられます…





を亡くしたあとの、の予言らしきものには正直惑わされたりして
涙する日が多かったような気がします。
8月1日にブリーダーさんの所に伺ったときも、はそこにいたらしいです。
姉妹のNoahちゃんと一緒に走っていたそうです。
帰りの車中で告げられ、の姿が見れるを羨ましく思いました。
ブリーダーさんに秋には、のママが出産を控えている事を聞かされました。
そして、生まれた子の中に気に入った子がいたら、譲ってくださるとまで…。
てっきり、私はそれがの言う予言だったのだと思っていました。

でも、は言っていたんですね…

ブリーダーさんのところとは違うと思う…
まったく別なところから来る様な気がするな~


って…


何度も言われていたのに、耳を塞いでしまってたのですね…
が戻ってくる手段はそこにしかない
私は何が何でも、を取り戻したかった…
ただ、に会いたかった…それだけだったのです。
これが一番の難題なんですけどね~^^;


いとしの鈴






元気でいなければ…
もうなかったことにしなければ…
涙はみせちゃいけないんだ…
弱音を吐いたブログは書いちゃいけないんだ…
明るくしてなくちゃ…


どんどん自分を追い詰めてしまって、毎日が地獄のようで苦しかったです。
の傍に行きたいと何度も願いました。
これがペットロスというものなのでしょうね(汗




そんなとき、あるサイトに辿りつき
そして、ある人との出会いがありました。



それからが、の言う予言らしきものに近づいていったように思います…
    


 





  1. 赤い糸
  2. / コメント:4
続きを読む

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。